日本トリム・九大・東大が共同で「電解水素水」についての論文を発表

今日は、このような記事(日本トリム、九大、東大が共同で「電解水素水」について論文発表 活性酸素種除去能力の一部は水素ガスによるもの、さらに白金ナノコロイドが関与か? (ITmedia ヘルスケア) – Yahoo!ニュース)を読みました。

以下、Yahoo!ニュースからの引用です。

 日本トリムは2月13日、九州大学農学研究院と東京大学大学院工学研究科、同大学政策ビジョン研究センターと共同で、電解水生成器から電気分解によって生成される陰極側の電解水「アルカリ性電解水素水」のヒト培養細胞内の活性酸素種除去能力について研究し、2月9日に米国のオープンアクセスジャーナル誌「PLOS ONE」にその論文が掲載されたと発表した。

出典:日本トリム、九大、東大が共同で「電解水素水」について論文発表 活性酸素種除去能力の一部は水素ガスによるもの、さらに白金ナノコロイドが関与か? (ITmedia ヘルスケア) – Yahoo!ニュース

この記事によると、日本トリムは2月13日に九州大学・東京大学と共同で「アルカリ性電解水素水」のヒト培養細胞内における活性酸素除去能力についての研究結果を発表したそうです。

この論文によると、純粋、水素を含む電解水(電解水素水)と水素をバブリングした水(水素水)を比較した結果、電解水素水と水素水の両方に活性酸素腫の除去能力が認められたそうです。

以前記事に書いたように、最近は水素水の効果の真偽が議論されていますが(参照:水素水への風評被害に関して)、日本トリムは研究を続けており、その効果を裏付ける論文が次々と出てきています。あとはヒトでの臨床研究で良い結果がどんどん出てくれば、現在の水素水に対する風評被害は払しょくできることになるでしょう。

確かに、水素水のヒトに対する効果は、現在のところエビデンスが出揃っていない状況ではありますが、それは、水素水があまりにも早く商品化されてしまったため研究が追い付いていないのが原因なのです。効果があるかは現在は未知数と言った方が正しいでしょう。

今回の記事で紹介した水素水ですが、初めての方にオススメなのは、「メロディアンハーモニーファインの水素水」です。サーバーを設置したり、整水器を設置するのは少し敷居が高いと感じる方も多いと思いますが、このメロディアンの水素水なら設置費用が掛からないので、気軽に購入することができます。
ちなみに、記事中に登場した日本トリムは、【トリムイオンUS-100L】などの水素水整水器を多数販売している会社です。かなり品質のいい商品を多く取り扱っているので、水素水を購入するよりも家に整水器を設置したいという方は、日本トリム製品をオススメします。