水素水への風評被害に関して

今日は、このような記事を読みました。

以下、水素水完全ガイドさんからの引用です。

2016年12月15日に国民生活センターが市販水素水の濃度に関する調査結果を発表。
それをきっかけにネットやテレビ、新聞など様々なマスメディアによる報道が過熱しました。

こうした動きは、水素水をより多くの人に知っていただく上で良い機会だと思います。

しかし、一部では同センターの発表内容を部分的に取り上げ、
「水素水の効果に根拠はない」「水素水の効果は水分補給」と受け取れるような報道になってしまい、
それらが風評を助長したことを残念に思っています。

出典:2016年末の水素水バッシングへの見解と、解決すべき4つの課題

「水素水には効果がない!」とか「水素水には効果の明確な根拠がない!」といった報道が2016年末頃から相次いでいますが、それについて反論している記事です。

なぜ、このような状況になってしまったのかというと、まだ水素水の効果については研究段階であるにも関わらず、口コミによって水素水が広まってしまい、マスメディアがその広まりをさらに助長したため、根拠が薄い状態で水素水が爆発的に民間に広まってしまったことがあげられると思います。

確かに、現時点では、明確に、○○に良い!とか○○が改善する!ということは言えないのが現状ですが、確かに何らかの効能を実感していらっしゃる方が多くいて、実際に臨床研究などが様々な研究機関や病院・企業で行われているのは、事実です。そこには、「何らかの効果があるはずだ!」という思いから研究をしていらっしゃる方が多くいるからこそ、これだけの臨床研究がなされているわけです。

当サイトとしても、現時点では明確な効果についてハッキリしたことは言えませんが、確かにその効果を実感している方がいられる事実があるということをお伝えしていこくと思います。

水素医学に関する臨床論文の発表:こんなに進んでいる臨床試験 | 太田成男のちょっと一言にもあるように、水素水医学については、本当に多くの臨床試験が行われているのです。

この問題に関して(独)国民生活センターからの報道発表  正統的な水素水と非科学商品は無関係であり混同してはならない。 | 太田成男のちょっと一言を読んでいただければ、今回の問題の本質が理解できるかと思います。