先進医療:水素で心停止後の脳機能改善

先進医療について、慶應義塾大学病院を中心に始まった世界初の水素ガス吸入療法の大規模臨床試験が始まるそうです。

以下、毎日新聞からの引用です。

 水素がどんな疾患に効果があるのか注目される中、水素ガス吸入療法が心停止後の先進医療として認められた。これを受けて2月から、慶応大学病院を中心に世界初の大規模な臨床試験が始まる。
出典:先進医療:水素で心停止後の脳機能改善 – 毎日新聞

ラットでの心停止後の水素ガス吸入療法では、低体温療法と同程度の効果が得られているそうで、ヒトへの応用も効果があるのではないかと期待されています。

水素には、病気を治す効果が期待されていて、他にも、パーキンソン病への応用の大規模臨床試験が行われているようです。
水素水を販売している企業でも、活発に臨床試験が行われており、「メロディアンハーモニーファインの水素水」を発売しているメロディアンハーモニーファイン株式会社の関連会社メロディアン株式会社の大阪市立大学との共同研究では、メロディアンの水素水を引用することで、日常生活における快活度が改善するという効果が得られているそうです。

 

今後も、健康増進領域での水素水の研究や病気への水素の応用研究の結果が続々と発表されていくでしょう。